仮想通貨をやさしい簡単な言葉でわかりやすく解説します。

仮想通貨がわからない人のためのブログ

仮想通貨で思うこと

仮想通貨のSNSツイッター買い煽りと株式投資の買い煽りの違い

投稿日:

仮想通貨でツイッターなどのタイムラインを見ていると、よくポジショントークに遭遇しますよね。そして大体その後上昇する理由をつけて買い煽りに近いものをつぶやきます。

実はこれは株式投資でもあるのですが、かなり本質が違います。

スポンサーリンク



成長期にある仮想通貨業界

仮想通貨というのは、2017年が仮想通貨元年と言われるようにまだまだ新しい世界です。また、ほとんどの仮想通貨が今年初期と比べて大きく上昇していることになります。

そのため、今年の早い段階から仮想通貨を始めていた人はかなりの利益が出ていると予想されます。

確かに大きな下落というポイントもありました。

ビットコインに関しても、30万から20万になったタイミングもあり、中国規制により55万から30万になったタイミングがあったのも事実です。

しかし、結局のところ持ったままでいれば常に高値をブレイクしていく完全右肩上がりのチャートを今でも維持しているわけで、かなりヘタを打たない限りは大損することはありません。

参加者の中には、ツイッターなどの買い煽りを見て購入し、大きな利益をあげた人もいることと思います。

ですからツイッターなどの買い煽りを「悪」と言うわけではありません。

決していけないことと言いたいわけではないので、その点はご了承下さい。

私が今回書きたいのは、あくまでリスクという点を各自がきちんと理解しておく必要性についてです。

買い煽っている人というのは、周りが思うほど深く考えていないケースが多いです。

  • 自分が持っているから
  • 上がって欲しいという願望
  • 上がった時一緒に喜べる人が欲しい

こういう思いがメインだと思います。

このコインは絶対上がる!買っておかなきゃ損だよ!買い!買い!買い!

これに近い書き方をしている人もいますけど、決してそういう意味では書いていないものと思います。そもそも、その人がそう書いたところで相場が動くような力はありません。

もちろん、中にはそういう力を持った人もいますので、そういう力を持った人のそういうツイートは確かにちょっと考え物だとも思います。

株式投資で言うところのインサイダー取引予備軍のようなものですね。

成熟期の株式市場

成長期の仮想通貨業界に大して株式市場というのは完全に成熟期となっています。

仮想通貨業界はまだまだ、でも株式投資は完全体!と言いたいわけではありません。

むしろその逆です。

「悪」に近い買い煽りというもの、買い煽りの力を持った人、グループなどが完全に出来上がっているわけです。

また、お上の許可を得て運営している投資助言・代理業(旧投資顧問業)という業種もあるわけです。

中にはロクでもない情報を法外な値段で売り付けている業者もいるのです。

そしてそれは財務局の許可が出ている・・・おかしなものですね。

投資家保護という観点で言えば、投資信託までにしておき、こういう買い煽り専門のようなものは良くないと思うわけですが、どうもかなりの数が出回っているようなのです。

そう、この図式がすでに完成済みなのが株式市場なのです。

赤枠にいる人は完全に一人勝ちです。

黄色枠は赤枠ほどおいしい立場ではないものの、青を喰える位置にいるため、楽勝です。

青枠の中には、もちろん甘い汁を吸える者もいますが、結局この青枠の中から養分が捻出されることになります。

投資というのは全員で笑える世界ではありません。

そのため、どこかに泣いてもらう人が必要になるのです。

そしてそれはいつでも一番下、情報を受け取る側の中から出ます。

株式市場は、こういう図式がすでにほぼ完成しているがゆえに、ひどい買い煽り等があっても、多くの人が諦めと言いますか、「そういうもの」として受け入れます。

また、自分が買い煽りをしても効果がないことも自覚しており、無駄な煽りはあまり見ません。

仮想通貨業界も徐々に・・・

仮想通貨業界でも、徐々に力のヒエラルキー、ピラミッドは完成していくことでしょう。

そこで無慈悲な、稼げれば他の人がどうなってもいいというタイプの買い煽りが頂点に君臨してしまうと、いつどこでものすごい悲劇が起こるかわかりません。

仮想通貨業界は、まだ本当の意味でのショック相場、パニック相場を経験していません。

言わば皆ハッピーという相場が続いている状態なのです。

問題はいつか必ずそういう相場がくるということです。

心の準備は必要なのです。

心の準備がないままに買い煽りを鵜呑みにして購入し、パニック相場で破産クラスの大負けをしたら、必ず買い煽りを恨むことになるでしょう。

また、安易に買い煽りをした人も、誰かから恨まれるかも知れません。

投資は自己責任が基本ですが、こんなにも簡単に情報を発信し、受信出来る世の中です。

色んなリスクも踏まえ、全てが自己責任。投資の世界を楽しむのであれば、それだけは絶対に覚えておき、安易に他人へポジションを押し付けるようなことはやめるようにしましょう。

いずれ仮想通貨専門の投資助言・代理業が出てきそうですね・・・。

良かったらこちらもご覧下さい。

取引所チャットやツイッターの買い煽り売り煽りを鵜呑みにすると・・・

取引所にはチャットが設置されているところもありますね。 楽しくお話しているイメージもありますが、やはりお金の絡んだ世界ですから、殺伐とした空気になることもしばしばあります。 また、ツイッターによる買い ...

続きを見る

仮想通貨女子大生・OL・二次元キャラの増加|ビットコイン女子

仮想通貨業界の七不思議と言いますか、感じることの1つとして、ツイッターやブログなどを見ると女性、それも若い女性が多いように思います。 女子大生、OLさんの割合がかなり高くなっているのがわかります。 ま ...

続きを見る

まとめ

いかがだったでしょうか。私は自分のポジションについて話すことはあるかも知れませんが、推奨等することは絶対にしません。

仮に人の力を借りて勝てても、そこには何の意味もないからです。

きちんと自分の力で勝てるようになることが大事ですね。

スポンサーリンク

-仮想通貨で思うこと

Copyright© 仮想通貨がわからない人のためのブログ , 2018 AllRights Reserved.