仮想通貨をやさしい簡単な言葉でわかりやすく解説します。

仮想通貨がわからない人のためのブログ

ICO

REGAIN(リゲイン)事前登録方法と買い方|仮想通貨ICOの魅力とは

更新日:

REGAIN(リゲイン)という仮想通貨ICOの事前登録が始まりました。このREGAINは今までの仮想通貨ICOとは全然違う特色を持っています。本当に全く違うものなのです。

良いと見るか悪いと見るかは人それぞれ違ってくるでしょう。

私個人としては非常に共感が持てますし、全力で支援する予定です。

スポンサーリンク



REGAIN(リゲイン)ICOの魅力とは

  • COMSAなどのプラットフォームICO・・・COMSAを使って他ICOに参加する
  • QASHなどの仮想通貨取引所ICO・・・取引所内で大きな価値を持つor手数料配当
  • REGAINのICO・・・マイニングによる報酬を配当

来ましたねぇ、マイニング報酬を持ったICOです。

本来ICOで発行されるトークンは無価値とされています。ですからICOに参加した時点では自分のお金の価値がいったん消失してしまうようなものです。

トークンが上場することで初めて時価総額を計算することが出来るようになり、自分の投資したトークン、保有トークンの価値を計算することが出来るようになるわけです。

COMSAはまさにこのタイプでしたし、このタイプが主流です。

QASHやWCXなどの仮想通貨取引所が行うICOでは、その取引所内で法定通貨代わりに使用することが出来たりするメリットもありますが、やはり上場の方が先になりますね。

まぁ、自身が仮想通貨取引所を運営しているだけに、上場先が約束されているようなものというメリットはあります。中にはWCXのように手数料の分配を配当代わりに行うプロジェクトもあります。

これに対してREGAIN(リゲイン)は、マイニングマシンの会社ですから、マイニング報酬を今後得ていくことになります。発行するのはREGトークンという名前のトークンになります。

このREGトークンの保有数に応じて・・・

マイニングで得られる利益の配当を行うというのです。

しかも!それはREGトークンの上場を待たずして開始されるとのことです。

マイニングという言葉だけでも難しそうと思っている人は多いと思いますが、マイニング自体が魅力的なものだということも広く知れ渡っているはずです。

自分でマイニングをせずともマイニング報酬を得られるのは嬉しいですね。

REGAINのマイニング報酬とは

REGAIN(リゲイン)はマイニングマシンを作っています。

マイニングというのは採掘という意味ですが、ビットコインの送金システムの管理などのお手伝いをすることにより、ビットコイン報酬が得られるという仕組みのことを言います。

簡単に言えばビットコインの運営、管理に関わることで給料をもらうのです。

しかし、このマイニングには、高性能なマイニングマシンが必要な上に、場所も必要で、高額な電気代もかかってきてしまいます。

そのため、大口さんが運営するだけで、小口のマイナー(マイニングする人たち)は淘汰されていってしまうとREGAINは考えています。まぁ当たり前の流れになりますね。

そこで、大口さんしか買えないような最新マイニングマシンを、REGAINでは無料で貸し出すという画期的なプロジェクトをしようとしているのです。

それにより、参入ハードルはグッと下がりますね。

REGAINはビットコインが大好きなので、大口によって独占されてしまうような今のビットコイン状況を良しと考えていません。皆で健全な市場にしたいと主張しています。

REGAINのマイニングマシンを多くのマイニングプール(マイニングをする人の集まり)が使い、マイニング報酬を皆で得ながらビットコイン運営をしていきたいと考えています。

無料で貸し出すわけですから、マイナーが得る報酬の50%をREGAINがもらいます。

簡単に言えば、マイニングの環境は無料で整えるから、得た利益を半分下さい。

ということになります。

マイナーにとっても悪い条件ではなく、ウインウインの関係と言えるでしょう。

REGトークン保有のメリット

REGAINのICOに参加してREGトークンを保有していると、REGAINの得たマイニング報酬のうちの60%を配当として受け取ることが出来ます。

これはもちろんREGトークン保有数に応じて配当量が決まります。

全体を100とすると、REGAINは50受け取ることになります。

そしてその50のうちの60%がトークン保有者に分配されるわけです。

すなわち、全体の30がREGトークン保有者に分配されます。

マイナー:REGAIN:トークン保有者=50:20:30となります。

私はマイニングの話を何度も聞き、興味はあったのですが、やはり自分でやることは難しいという判断でした。ですから絶対に関わることがないと思っていました。

そこにこのREGAINの話が舞い込んできたので、タイミング的にも運命だと思いました。

是非、ICOに参加してマイニング報酬をもらいたいと思っています。

REGAIN(リゲイン)ICOの購入方法

REGAIN(リゲイン)のICOは4段階に分かれています。

トータルすると、2017年12月22日~2018年11月15日なので、相当長くなりますが、これにはかなり綿密に計画が練られているな・・・と思える痕跡があります。

このように期間も4段階で分かれていますが、最も注目すべき点は、早い段階ほど、トークン発行数が少ないという点になります。通常のICOとは完全に逆です。

初期の段階では少ない資金調達にし、その資金を使い、着実にプロジェクトを進めていきます。

ちなみに配当金ですが、1REG(約45万円分)保有していると、月々7万円の配当になるとのこと・・・普通に考えれば利回りが高過ぎて怪しい商品に見えますよね。

しかし、上記スケジュールと照らし合わせると、疑念も少し晴れます。

REGAINのメインとなる資金調達は言わずもがな第4段階での35000REGです。

全体の半数以上の発行量を最後の第4クールに持ってきているのです。

これは、そこまで順調に配当が行われていない限り、残りのREGトークンは売れないはずですよね。裏を返せばそこまで順調であれば買い殺到という現象になることが想像出来ます。

つまり、その第4段階にこれだけ比率を大きくしてスケジューリングしたということは、それだけ第3段階までのICOで順調に配当する自信があるということではないでしょうか。

途中で配当が滞るようなことがあればICO全体が失敗しかねませんからね。

この自信のスケジュールは非常に好感が持てました。

REGAIN(リゲイン)事前登録と買い方

REGAIN(リゲイン)の事前登録は2017年12月18日に開始され(すでに開始)、第1段階のICOが12月22日12時より開始されます。まずは事前登録をしておきましょう。

もちろん12月22日以降であってもここから登録出来ます。

上記リンクを押し、メールアドレスを登録します。

すると登録確認メールが来ます。

そこに記載されているURLをクリックし、生年月日等を入力します。

すると本登録が完了し、12月22日12時以降に購入可能になります。

REGAINは上場することはすでに約束されているようですが、ICOというのはいつ、どこに上場するかわからないものです。多くの仮想通貨取引所をあらかじめ開設しておきましょう。

ビットコイン(仮想通貨)投資の始め方|開設すべき取引所とその理由

ビットコインを始めとする仮想通貨が話題になっています。2017年で一番安かった頃と比べて、ビットコインは8倍を超え、9倍にも迫ろうかという値段をつけました。 10月29日現在でも高値圏で推移しており、 ...

続きを見る

私が参加しているその他超大型ICOはこちらになります。

仮想通貨バンクエラのICO参加のメリット・デメリットについて考察

仮想通貨ICOでバンクエラ(BANKERA)が始まりました。こちらはスペクトロコインという仮想通貨取引所が行う仮想通貨の銀行設立という大きなプロジェクトになります。 世界規模のICOですので、かなりの ...

続きを見る

まとめ

ホワイトペーパーを2~3回読んだ時にはまだ半信半疑でしたが、読み続けていくと、疑念に感じた部分が全て解決出来るよう丁寧に説明がされていることに気付きました。

多くのICOホワイトペーパーを読んできましたが、COMSAに次いで2番目に投資意欲がかきたてられました。QASHで5倍、COMSAで4倍強と恩恵を受けてきました。

私はCOMSAでの短期資金はすでに手元に戻してあり、資金に余裕がる状態なので、REGAIN(リゲイン)には少し踏み込んだ投資をしてみようと考えています。

今回のREGAIN(リゲイン)でさらなる恩恵を受けられるよう願っています。

REGAIN(リゲイン)登録はコチラ

スポンサーリンク

-ICO

Copyright© 仮想通貨がわからない人のためのブログ , 2018 AllRights Reserved.