仮想通貨をやさしい簡単な言葉でわかりやすく解説します。

仮想通貨がわからない人のためのブログ

ビットコイン

ビットコイン(仮想通貨)投資を始める心構えと気を付けること

投稿日:

ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨を始める人は多いです。それはもちろんこれの影響ですね。

ビットコイン(仮想通貨)で億万長者続出|値上がりの経緯を見る

今年2017年は仮想通貨元年と呼ばれるようになりました。本来、「元年」は生まれた年を示すわけですから、運用が開始された2009年を指すはずですが、2017年が元年だそうです。 そこには大きな理由があり ...

続きを見る

仮想通貨元年!ビットコインバブル!儲かる!億万長者続出!

流れてくるニュースは良いことばかりですよね。

実は今から10年以上前、これと似た状況が日本ではありました。

多くのサラリーマンや主婦が億万長者となり、そして破産していったのです。

スポンサーリンク



FX破産者に学ぶ

そう、10年前にメディアが大きく取り上げ、儲かる!絶対儲かる!億万長者!

こんな風に報道されていたのを覚えていると思います。

忘れていたとしても、あ!そういえばと思ってくれるところでしょう。

あの頃のテレビは衝撃的で、どんな番組だったか、どんな人が出ていたかも私はハッキリと覚えています。

特に印象的だったのが、30代主婦で、子供2人。旦那はサラリーマン。

マイホーム資金のために毎月積み立てしている家族でした。

「FXで2億円」という本を目にしてからFXの勉強をして、「私にも出来そう」と思って始めたそうです。

最初のうちはお小遣いから少し投資してやっていたら、勝てていたようなのです。

そして徐々にいける!と思ってしまったのでしょう。

積み立てしていたマイホーム資金に手を出したそうです。

変な欲望があったわけではなく、単純に「私がFXで家を買える資金を貯める!」という思いがあったようですね。

そして主人に褒めてもらう・・・という願い。

気付けばどんどん減っていく貯金。あの頃は雇用統計というイベントも今より値動きが激しく、本当に天国と地獄というにふさわしい値動きでした。

また、当時の信用取引、レバレッジは400倍でも取引可能だったため、100万円の投資で4億円もの投資が出来たのです。

当時ドル円は120円以上でしたので、もしも3億6000万突っ込んで1円でも逆方向に動けば300万の損失です。

あっさりと借金レベルのマイナスが出るということです。

もちろんストップロスといって、借金にならないよう自動的にロスカットはされるのですが、雇用統計などでは、その設定が間に合わないほどの速度で上昇、下落をします。

そのため、損切りが間に合わずに借金が残るというケースが多く出たようで、レバレッジ規制が入る原因にもなりました。

素人ほどハマる世界

前述の主婦は本当に真面目でごくごく普通の主婦だったようです。

それが投資の世界に飛び込むと、すごく刺激的に感じるのでしょうね。

少ない金額でも得られる高揚感。

マイホーム資金を!という思いがあるのは本当でしょうけど、いつの間にか投資というスリルにハマってしまうのだと思います。

私の知り合いでも、ものすごくコツコツ真面目に働くタイプだったのに、一度投資の世界に入ったら常にフルレバ(レバレッジを限界まで使うこと)投資という人がいます。

普段温厚な人ほど怒ると怖いというのに似てると思います。

テレビの話に戻りますが、その主婦はマイホーム資金の積み立ての全てを失った上に借金まで残ったそうです。

もちろん顔はモザイク、音声は変えての出演でした。

今はそれから11年経ったわけですが、どうしているのでしょうか・・・。

テレビ出演時にはご主人にまだ言ってないと言っていました。

言えない・・・死んじゃうというようなことを言っていたのも覚えています。

このように、バブルの恩恵を受けて億万長者になる人もいれば、逆に借金まみれになるほど負けてしまう人もいるということを覚えておくべきでしょう。

どんなことにでも言えるわけですが、良いことばかりなんてことはなく、良い部分が大きければ大きいほど、マイナスの側面も大きなものになってくるわけですから。

税金面にも注意

仮想通貨の税金制度は雑所得という区分ですから、所得税が累進課税制度になっています。

これも当時のFXと同じルールですので、本当によく似た状況になっています。

FXが儲かる儲かると騒がれ、入ってみたものの夢破れて破産した人。

夢を掴んで大儲けしたのに、税金ルールをよく知らなかったために破産した人。

マスコミが大きくはやしたてたことで、多くの破産者を産みました。

もちろん投資というものは自己責任ですが、当時「FXは儲かる」という類の本を無責任に出版していた人たちや、過剰報道を繰り返したメディアの責任は重いと思います。

仮想通貨業界は、まだ一般的なニュース、メディアにはそこまで取り上げられていません。

仮に今後さらなるバブルとなれば、一般的なメディアが取り上げる日もそう遠くないでしょう。

皆が知ればそれはもううまみがなくなっているということです。

一般的なメディアが大きく取り上げ出したら、もう注意が必要なんだと思って下さい。

まとめ

少々ネガティブな面を強く書いてしまいましたが、正しい知識を持ってリスクを管理しつつ投資をすれば、確かに今一番儲けやすい商品が仮想通貨であることは間違いありません。

多くのメディアがまだ取り上げていない今のうちに勝負をするべきでしょう。

多くのメディアが取り上げ出すと、その瞬間が一番上昇するバブルの仕上げになりやすいです。

そしてその後は弾けて損をするリスクが大きくなるので、メディアの動向には敏感になっておきましょう。

ビットコイン(仮想通貨)投資の始め方|開設すべき取引所とその理由

ビットコインを始めとする仮想通貨が話題になっています。2017年で一番安かった頃と比べて、ビットコインは8倍を超え、9倍にも迫ろうかという値段をつけました。 10月29日現在でも高値圏で推移しており、 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-ビットコイン

Copyright© 仮想通貨がわからない人のためのブログ , 2018 AllRights Reserved.