仮想通貨をやさしい簡単な言葉でわかりやすく解説します。

仮想通貨がわからない人のためのブログ

COMSAについて

COMSA(コムサ)ERC20・Mosaicによる受け取りが渋滞中で不安

投稿日:

COMSA(コムサ)の受け取りが11月30日に開始されました。私は仕事の関係上どうしても月曜日と木曜日は終日忙しくて、受け取り申請がかなり遅くなってしまいました。

それにより、渋滞の一番後ろに並ぶことになりました。

スポンサーリンク



不安になりたくないから後回し

COMSAはずっと重かったりサーバーダウンで有名なテックビューロだったりするので、受け取りアドレスの申請はすぐにしておいたものの、受け取り申請はしませんでした。

理由としてはやはり自宅できちんと丁寧にやりたかったからです。

職場でも出来ないことはなかったのですが、慣れないパソコン、慣れない環境での操作でセルフGOX(自分が悪くてCOMSAトークン消滅)したらシャレになりませんからね。

タイムラインで見ていたところ、3時間くらいで着金するという話でした。

帰宅が22時半だったのですが、仮にそこから3時間だと、1時半です。

さすがに寝ていないとまずい時間ですよね。

そうなると着金してるかどうかが気になって気になって起きてしまいそうな気がしたので、翌朝、つまり本日12月1日の早朝に後回しすることにしました。

それは結果的に判断として良くなかったと思います。

COMSA夜間渋滞が始まる

COMSAは17時近くまでのメンテナンス以降に受け取り申請が可能になりました。

まさに私が忙しくなるタイミングでした。

ですがこのタイミングで申請さえしていればそこそこスムーズだったようです。

21時、22時過ぎくらいから申請のピークがきたように感じます。

朝起きてみると、22時前くらいに申請した人が7時、8時くらいに着金したというツイートが多く見受けられました。ですから10時間近くかかっていますね。

それを見て私も早くやらねば、と8時くらいに受け取り申請をしました。

その後いつものように株のデイトレードをしたり、家族と出かけたりしていましたが、未確認のトランザクションもずっと見つからないままでした。ただ全く気にはなりませんでした。

途中で少しタイムラインを見ましたが、11月30日の22時以降に申請した組は今日の15時時点でも着金されてないというツイートで溢れかえっていたので、自分が着金するはずないと思いました。

ERC20・Mosaicで時間差か

タイムラインの話だけになってしまいますが、ネム属性の方がイーサ属性よりも速い着金だと書かれていました。

ただ、両方を試すことは基本的に家族と一緒にでもやらない限り不可能なので、それを書いていた人たちもタイムラインの反応を見ての判断ということでしょう。

ちなみに私はERC20の受け取りになります。

今朝8時に受け取り申請をし、着金したのが20時20分でしたので、12時間強かかりました。

そしてその時間のタイムラインを確認すると続々と着金報告が出ていました。

本当に渋滞と一緒ですね。抜けたらスイスイということでしょうか。

実際その後の報告もかなりスムーズになっているようです。

色々と不安になってしまうこのシステムは仮想通貨業界全体としていかがなものかと思うんですよね。

COMSAの注目度

タイムラインの更新を見ても、COMSAの注目度は正直異常です。

上場から早い段階で5倍にもなっているQASHや、超大型ICOであるwcx、バンクエラなどは「知ってる人は知ってるけど・・・」くらいの認知度です。

ですから、どんなに話題になっているようでも、タイムライン上の更新はそんなに多くありません。

それに対してCOMSAは事あるごとにものすごい勢いでタイムラインに登場します。

キャンプファイヤー事件、トークンセール開始でサーバーダウン、好材料で言えばICO案件の発表時もかなりのツイートがありましたね。

私は、あくまで私にとってですが、かなりの金額をCOMSAに突っ込みました。

それは短期売買用と、長期保有でCOMSA上のICOに参加するためのもので分けたつもりです。

ですから長期分以外はデイトレードのような売買をしようと考えていたのです。

しかし、これだけの注目度だと長期保有分に少し多めに回そうかと考え始めました。

  1. ICO価格やや上で初値
  2. いったん売られる
  3. 戻して上昇
  4. そこから先はCOMSA次第

自分のシナリオとしてはこれでしたが、QASHというCOMSA以上の大型ICOが5倍になったこと。タイムライン上がお祭り騒ぎということ。これだけでも爆発要素になるかも知れません。

正直なところ、ビットコインに関しては80万を超えた時、そろそろ限界だろうと思いました。

恐らくそう思った人も多いと思います。100万を超えた時には、1万ドルが節目という話も出ました。

しかしどうですか?130万ですよ。

結局のところ、有識者がどんな予想を出そうとも、仮想通貨業界の「お祭り騒ぎ」がその常識を全部壊していく。そんな姿を何回見てきたことか。

期待したいと思います。

まとめ

COMSAはただでさえ注目度が高かったところ、炎上騒ぎ等もあってさらに知名度が上がりました。その割に実は時価総額も思ったより上がりませんでした。

意外と買い控えた人や、予定数の半分くらいは上場後に残した人もいると思います。

上場日が月曜なので私はどうしても参加は出来ませんが、どうせサーバーダウンで火曜に取引開始となれば参加出来るな、というひねくれた思考で上場日を待とうと思います。

今後も様々なICOが出てきます。現在の注目はバンクエラとwcxになります。

仮想通貨バンクエラのICO参加のメリット・デメリットについて考察

仮想通貨ICOでバンクエラ(BANKERA)が始まりました。こちらはスペクトロコインという仮想通貨取引所が行う仮想通貨の銀行設立という大きなプロジェクトになります。 世界規模のICOですので、かなりの ...

続きを見る

WCXトークン|海外発の超大型ICOはすでに登録者100万人

タイトルにあるようにWCXという仮想通貨取引所のICOはすでに登録者100万人を突破しています。COMSAがあれだけの盛り上がりで23万人でした。WCXはすでに4倍以上です。 しかし日本ではあまりこの ...

続きを見る

スポンサーリンク

-COMSAについて

Copyright© 仮想通貨がわからない人のためのブログ , 2018 AllRights Reserved.