仮想通貨をやさしい簡単な言葉でわかりやすく解説します。

仮想通貨がわからない人のためのブログ

ビットコイン

ビットコイン(仮想通貨)と電子マネーの違いとは|法定通貨で解説

投稿日:

仮想通貨と電子マネーと言えば、言葉の意味をそのまま捉えるとほとんど同じような意味に感じます。

確かに実体を持たないという意味では同じですが、その性格はまるで異なります。

また、電子マネーが信用を失うことはありませんが、仮想通貨はこの先どうなるかわかりません。

信用は現時点では、そこまでありませんが、逆にこの先、世界共通通貨となりうる可能性も秘めていて、可能性は無限大です。

しかし現在の値動きの荒さではそこまでいくことはまず出来ないでしょう。世界共通通貨となるためには、少なくとも為替の値動きくらいまでのボラティリティに落ち着く必要があるでしょう。

スポンサーリンク



電子マネーとは

電子マネーと言われれば、まずSUICAやKitaca(北海道)を思い出します。

また、nanacoカードも電子マネーですね。私はnanacoカードをコピー機で使ってそのまま忘れてきてしまい、慌てて止めたけど中身を抜かれてた苦い思い出があります。

それ以降、電子マネーカードに高額を入れることは控えるようにしています。

そう、「入れる」ことを控えるようにしているのです。

電子マネーと言えば、実際にお金を持っていなくとも、決済して商品を買えるというイメージが強いと思います。

そこだけで見ればビットコインも同じです。現在ではビットコイン決済を導入しているお店も出てきていますからね。

専門的に考えれば色んな言い方が出来るのでしょうけど、ここではとにかくやさしい言葉がテーマです。

電子マネー

  • あらかじめ法定通貨(日本円)をカードの中に入れておく
  • 現金を持っていなくても現金がカード内にある
  • 決済機能に優れている
  • 送金などは出来ない
  • 取引されることはない
  • 価値が変動しない
  • 日本円に戻すことが出来ない

送金などをするのが目的ではなく、あくまでキャッシュフリー。

現金を持ち歩く代わりに電子マネーカードの中に入った現金を使って買い物をしやすくする。

また、買い物の速度を格段に速めてくれて、1円玉、5円玉などのやり取りから解放される。

これが電子マネーです。

ビットコイン(仮想通貨)とは

ビットコインなどは、法定通貨代わりに使おうと思って買う人は本当に現在では極わずかだと思われます。

ほとんどの人が「投資」もしくは「投機」目的での購入になっているでしょう。

つまり最終的には日本円などの法定通貨に戻そうという気持ちが強いはずです。

仮に電子マネーと同じ性格として買われる日が来るとしても、それはそんなに近い未来のことではないと思います。

なぜなら値動きが荒すぎるからです。100万円分のビットコインで売ったのに、1週間後に日本円に変えようと思ったら50万円にしかならなかった。

こんなことになったらお店としても困ってしまいますからね。

ビットコイン決済が多くのところで採用されるためには、もっともっと値動きが安定してからになると思います。

ビットコイン(仮想通貨)

  • 送金機能に優れている
  • 決済は出来るものの、値動きの荒さがある
  • 取引されている
  • 価値が随時変動している
  • 法定通貨(日本円)に戻すことが出来る(取引により)

どちらかと言うと、送金したり、お金(お金に準ずるモノ)を受け取ったりするための機能として使われています。

お金を暗号化し、送金、着金機能として使われるビットコイン。

だからこそ暗号通貨と呼ばれるわけですね。仮想通貨ではなく、暗号通貨という方が正式名称となるわけですが、国税庁のHPを見ても仮想通貨と書いてあります。

日本では仮想通貨という呼び方の方が浸透していますから、そちらで統一しようとしているのかも知れませんね。

電子マネーとビットコインの違い

簡単に言ってしまえば、実体がないという部分では同じです。

その目的が全く違うと思っていれば大きな間違いはないでしょう。

電子マネーはお買い物をキャッシュレスで行うため、決済速度を速めるために持つ。そのために法定通貨をあらかじめ「入金」しておく必要がある。

ビットコインはお金を送受信することや、取引で利益を出すことが目的であり、そのために「購入」する。

繰り返しになりますが、専門的な知識で言えばもっと違いはあります。

ただ、日常生活や常識的な知識で必要な部分としては、これだけ知っておけば十分困らないはずです。

仮想通貨はビットコインだけでなく、現在では1000種類弱も存在します。

ただし、国税庁の発表からも、国できちんとお金に近い存在として認めているのは現在のところビットコインのみになります。

他の通貨に関しては国からの信用を一切得ていない状況ですので、取引の際は注意して下さい。

特に取引所に上場する前のコインやトークンのICOに参加する際には、その信用性などをきちんと精査してからにしましょう。

まとめ

世の中はどんどん便利になっていきます。ただし、便利になればなるほど、その知識も必要になってきます。

そのため、知識が追い付かない人に付け込んで詐欺を働こうとする人も残念ながら便利さに比例する形で出てきてしまうものです。

知識をつけようと検索して、調べたそのサイトが詐欺だったということまであります。

こういう情報こそ、セカンドオピニオン、サードオピニオンが必要で、納得出来る情報に出会えるまできちんと調べましょう。

2017年は仮想通貨元年と呼ばれるほど億万長者も続出しました。いつまで続くかはわかりませんが、興味が少しでもあれば、早めに試してみることをおすすめします。

こういうのは後回しにすればするほど、情報弱者として搾取される側になってしまいますからね。

ビットコイン(仮想通貨)投資の始め方|開設すべき取引所とその理由

ビットコインを始めとする仮想通貨が話題になっています。2017年で一番安かった頃と比べて、ビットコインは8倍を超え、9倍にも迫ろうかという値段をつけました。 10月29日現在でも高値圏で推移しており、 ...

続きを見る

取引に必要な情報は上記記事をご覧下さい。

お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

-ビットコイン

Copyright© 仮想通貨がわからない人のためのブログ , 2018 AllRights Reserved.