仮想通貨をやさしい簡単な言葉でわかりやすく解説します。

仮想通貨がわからない人のためのブログ

COMSAについて

COMSA(コムサ)とビットコイン(暗号通貨、仮想通貨)の違いとは

更新日:

COMSA(コムサ)はトークンというものであり、仮想通貨(暗号通貨)とは違います。

これは多くの人が理解していない部分です。まぁしかし、この2つはごちゃ混ぜになっていても全く問題ない範囲だと私は考えています。

ですがこのサイトでは仮想通貨をきちんと取り上げていこうと思いますので、この違いについても説明します。ただし、もちろん簡単な言葉でです。

スポンサーリンク



COMSA(コムサ)のICOトークンセール

COMSAというのは「トークン」と呼ばれるものです。トークンも仮想通貨も、お金の代わりとなるものであって、その性格はほとんど同じものとなります。

このトークンと言われるものは、お金に約束事をつけられるようなものです。

株式投資の世界では、株主優待というものがありますよね。この株を持っている人にはこういう優待を行いますと会社が約束しているものです。

このような優待がつけられるものを、トークンといいます。ですから、ビットコインなどの仮想通貨や、ビットコインの代わりとなりうる通貨、アルトコインとは性格が違います。

仮想通貨は、お金の代わりとなるだけであり、トークンは、株券の代わりになるもの、という方が近いでしょうか。

そして今回、このCOMSA(コムサ)というトークンがビットコインに使われているブロックチェーン技術を使い、テックビューロ社より発行されます。

あ、ここも違いますね。仮想通貨はそれぞれ独自の技術を用いられています。暗号通貨と呼ばれるくらいですからね。

それに対してCOMSAのようなトークンは既存の技術を使って発行されます。

今までも多くのトークンがありましたし、個人トークンのVALUなど、話題を集めたサービスもありました。

それでも、今回のCOMSAほど大きく取り上げられたことはありません。

いえ、このCOMSAも一般的に見れば全然知られていないものかも知れませんね。私は投資の世界にいるので知ることが出来ましたが、隣のおじちゃんおばちゃんは知らないでしょう(笑)

どんな世界であっても、早く知れば知るほど儲かるというのは常識!

私は今回のこのCOMSAのICOトークンセールは大チャンスと考えています。

COMSA(コムサ)に参加すると何がお得?

お得かどうかは、最後にふたを開けてみないとわからないというのが正直なところです。

だってそれが「投資」ってもんでしょう?

100%儲かるとか、元本保証のような投資はそもそも法律違反なわけですから、このCOMSAに関しても100%安全な投資と言えるわけではありません。

しかしながら、投資というものは、極力早い段階で、つまり周りがほとんど知らない時に自分が知ることで、最も儲かる可能性が高まるのです。

このCOMSAは8月3日に発表がされました。そして10月2日の13:59までの間、事前登録を受け付けています。

つまり、8月3日~10月2日までのこのCOMSA案件を知った人は、皆平等にチャンスがもらえるわけです。

そしてその後のスケジュールはなんと・・・10月2日~11月6日までの間、事前登録をした人のみCOMSAを買えるのです。

つまり、10月2日14時以降にこのCOMSAを知った人は完全に締め出されてしまうわけです。

今回あなたはなぜこのCOMSAを知ったのですか?まだ一般的なニュースで取り上げられてはいないと思います。

それでも知ることが出来たのは非常にラッキーだと思います。

なぜなら、こういうのは10月2日以降になってから、一般的なニュースで大々的に取り上げられる可能性が高いからです。

そうすることによって、COMSAで事前登録した人の利益につながるからです。

  1. COMSA(コムサ)に事前登録する
  2. 事前登録者のみが購入
  3. 一般的なニュースで取り上げられる
  4. COMSAが有名になって欲しい人が一気に増える
  5. COMSAが一般公開されると買い殺到
  6. COMSAが値上がりして事前登録者が利益になる

この流れですね。もしも10月2日以降に一般的なニュースで大きく取り上げられるようなことがあれば、これはもう利益になることを期待せずにはいられません。

COMSA(コムサ)を買う方法とは

実はこのCOMSAを買うには、事前登録をするだけでは不十分なのです。なぜなら日本円で買うことが出来ません。っと聞くと・・・何が思い浮かびますか?

ドルですか?ユーロですか?いえいえ、違います。

ここは仮想通貨サイトですからね。そうです、仮想通貨を使ってCOMSAを買うことが出来るのです。

つまり、仮想通貨を持っていないとCOMSAを買う権利があっても、実際に買うことは出来ません。

ですが、この仮想通貨を買うことも実際全く難しいことはありません。

bitFlyerを開設することで仮想通貨は簡単に買うことが出来ます。この取引所開設手順についてもご紹介します。

  1. bitFlyerでメールアドレスなどを入力(1分くらい)
  2. 本人確認書類をアップロードする(数分以内)
  3. 郵送されてくる書類を受け取って完了(数日以内)

まぁ簡単ですね。本人確認書類もスマホを使えば1分もかからず出来ました。

便利だなぁと思いました。ここで仮想通貨を買えるわけですが、気を付けることがあります。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、NEMコイン(XEM)という3種類の仮想通貨からでなければ、COMSAを買うことが出来ません。

つまり、bitFlyerを開設し、上記3種類のどれかの仮想通貨を購入すれば、COMSAの購入準備は完了ということです。

もちろんCOMSAの事前登録は済ました上でですね。

COMSAを買うリスクを考える

仮想通貨3種類を書きましたが、それぞれ今年の初期と比べるとものすごい値上がりをしています。

特にビットコインは2009年に一般的に取引出来るようになってから、何百倍にも価値が膨れ上がっているのです。

そのため、COMSAを買う場合、このような「大儲け」という願望、妄想をしてしまいがちです。

ですが、きちんとリスクについて事前に知っておく必要もあるでしょう。

多くの人がこのCOMSAのリスクについてはあまり触れずスルーになってしまっています。

良いことばかりでなく、きちんとリスク、デメリットについても目を向けましょう。

COMSAはトークンであり、単純にCOMSAそのものを取引するためだけに今回ICOするわけではありません。

ICOというのは株式投資でいうIPOですから、資金を調達し、その資金でプロジェクトを動かそう!というものです。

もちろん、今回のCOMSAもそういう意味合いでICOされるわけです。

COMSAは最初、1コムサ(1CMS)=1ドルという価値でICOされることになります。そしてこのCMSという単位を使って、他の会社のICOプロジェクトを支援するのです。

少々これはややこしいんで、箇条書きにします。

  1. 日本円をビットコインに替える
  2. ビットコインをCMSに替える
  3. CMSでしか買えないICO(IPO)案件を買う
  4. CMS専用ICOが成功するかどうか

わかりますか?これ。COMSAというものを使って、株式市場を作ろうというようなことです。

ですから、COMSAを使って買った株が値下がりすれば、あなたは損をします。

また、仮にCOMSAを使って買った株が上がっても、COMSAそのものの価値が下がれば、あなたは損をする可能性があります。

このCOMSAは10月2日までに事前登録をした人しか買えないわけですが、事前登録をした人であれば、上限なしで買うことが出来ます。

つまり、10月2日までに事前登録をした人で、「追加で買いたいと思う人がいない」状態で上場を迎えることになるのです。

ですから、いきなりCOMSAそのものの価値が爆裂するなんていうイメージは持てません。

また、このCOMSAは希望者全員が購入を終えた後、同数の価値のトークンが自動的に発行されます。

100億円分皆で買った場合、いきなりドン!と100億円分のトークンが追加発行されるのです。

実際にはそんなに気にする必要はないと思いますが、「希少価値」という観点のみで見れば、いきなり半分にされてしまうようなものです。

このあたりがCOMSAで考えられるリスクと言えますね。

COMSA(コムサ)の利益手段

もちろんもちろんCOMSAで儲かる可能性だってたくさんあります!

そもそも私はこのCOMSA事前登録から投資しますし、儲ける気満々です。

上記でも触れていますが、まず、10月2日以降でメディアに大きく取り上げられる可能性が私は高いと思っています。

ですから、事前登録者で、追加購入したい人がいない状態で上場したとしても、「COMSAなんて知らなかった!」という人が多く買ってくれると思います。

そうしてCOMSAそのものが値上がりする期待もしています。

そしてもう1つ、COMSA専用ICOについてですが、こういう案件は、日本では初めてですが、実は海外ではすでに一般的らしいです。

つまり、今後日本が世界を追っていくのであれば、この市場を盛り上げないわけにはいきません。

もしも世界でICO市場が発展していく中で、日本が取り残されるようなことに「なりかけたなら」!それこそ政府介入までありえる話になります。

そういう意味でも、一般的なニュースで「日本初です!」と取り上げられる日は来ると見ています。

これに関しても箇条書きの方がわかりやすそうですね。

  1. COMSAのICOが盛り上がる
  2. COMSAそのものが値上がり
  3. COMSAが盛り上がる

まぁ、たったこれだけなわけですが、1番があれば2番につながります。だってCOMSAを持ってる人しか買えないICOなんですから。

そうして2番になれば3番になりますね。ビットコインがお祭りになったように。

そして3番になれば1番がさらに盛り上がることになります。COMSAを使ったICOを希望する企業が増えるからです。

そして1番がさらに盛り上がれば2番が・・・

というように、うまく絡み合うことが出来れば、大きな市場に成長していく可能性を秘めています。

COMSAの買い方をおさらい

長くなってしまいましたので、きちんとCOMSA案件についてまとめてみましょう。

COMSA(コムサ)を買うためには事前登録が必要で、実際に買う時は仮想通貨のビットコイン、イーサリアム、ネムコインのどれかが必要ということでした。

では、どのような順序で進めていけばいいのか書きますね。

  1. COMSA公式サイトで事前登録をする(メアドのみで個人情報不要)
  2. 確認メールがくるのでURLをクリックで完了
  3. bitFlyerを開設
  4. ビットコイン、イーサリアム、ネムコインのどれかを購入しておく
  5. 10月2日14時~11月6日14:00のトークンセールを待つ

ザッとこんな感じですね!「COMSAとは」や「COMSA 仮想通貨」などと調べると大量にページが出てくるように、今回のこのCOMSAという案件は注目度が非常に高いです。

投資業界では注目度が高くとも、一般的に知られていないのもまた特徴です。

私はビットコインを始め、他のアルトコインの爆裂上昇を見逃してしまったクチです。

その一番の原因は情報弱者であったことだと思っています。

もっと早く知れていれば!そう思うことは投資業界に身を置いていると数多くあります。

そしてそれは皆様も同じことでしょう。

しかしこのCOMSA案件は10月2日14時までならば、全員が平等で同じ土俵、スタートラインに立てると約束されているわけです。

加えて、大手上場会社も出資を表明していますし、不安も少ないのが特徴です。

そういう意味では、リスクとリターンのバランスが整っているとも言えますね。

知られ過ぎていれば、リスクは少ないけどリターンは少ないわけですし、全然知られていないと、リターンは大きそうですが、なんか投資するのも怖いですからね。

今回のCOMSA案件が私やあなたにとって素敵な案件になることを祈っています。

COMSA公式サイトはコチラ

最後に

長くなりましたが、2017年は仮想通貨元年と呼ばれる年であり、トークンも同じく、皆に知ってもらう年です。

これが2018年、飛躍の年となってくれればこのCOMSAも恩恵を受けてくれることでしょう。

まずは事前登録をし、世間の流れを見ながら投資額を慎重に考えたいと私は考えています。

無理のない範囲で投資を楽しみましょう。

お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

-COMSAについて

Copyright© 仮想通貨がわからない人のためのブログ , 2018 AllRights Reserved.