仮想通貨をやさしい簡単な言葉でわかりやすく解説します。

仮想通貨がわからない人のためのブログ

COMSAについて

COMSA上場情報更新|11月末から12月4日へずれ込む

投稿日:

本日11月27日に宣言通りCOMSAの取扱い日程が発表されました。しかし相変わらず不満は残りますね。この予定は先週末の時点でわかっていたことなのではないでしょうか。

なぜわざわざ今日まで発表を遅らせる必要があったのか疑問です。

スポンサーリンク



COMSA上場予定は11月末のはず

COMSA上場予定は11月末と予告されていたはずです。

あまり細かいことを言い過ぎるのも良くないですが、COMSAプロジェクトというのは、詐欺案件なども出ているICOに信頼を!というのがテーマになっています。

ならばそのCOMSA自体にきちんとした信頼がないと本末転倒です。

11月末に取扱い開始と書いたのは他ならぬCOMSAチームです。

それが後ろ倒しになり、そのことに触れず、しれっと上場情報を出してくるのは正直いかがなものかと思ってしまいます。

ただ、この後ろ倒しになった予定ですが、私個人としては歓迎材料です。

個人的なことを言えば月曜日は仕事が忙しいため、上場祭りに参加出来るか不安な面もあり、他の曜日が良かった・・・という思いもありますが・・・。

それでも後ろ倒しになったということは!

COMSAの新規案件や、年内実施のICO発表がある可能性が高まったということです。

いや、むしろここに来て後ろ倒しにしたということは、12月4日に上場日をズラせば多くの好材料を発表出来る算段がついたから・・・

そういうことではないでしょうか?

失礼しました。希望的観測が先行していますね。

これについては誰が何を論じようとも、全ては憶測に過ぎず、私たちはただ黙って待つことしか出来ません。期待しつつ待ちたいと思います。

金曜、もしくは月曜の午前中にICO案件の追加発表をし、午後に取扱い開始となるシナリオが希望です。

Zaif取引所のサーバーやいかに

CMSトークンはネムベースとイーサベースの2種類が用意されています。

私も現段階では迷っていますが、イーサリアムベースに心は傾いています。

ですが慌てずもう少し考えたいと思います。

まぁ、どちらで受け取るにしても、結局はあのZaif取引所で取引をするわけです。

つまり今回も焦点はZaifのサーバーが生き残るかどうか、ということになってしまいます。

いい加減これが注目ポイントになってしまうのはやめて欲しいところですが・・・。

サーバー強化しました、とう文言は何度も見てきましたが、正直ここまでサーバーが落ちるのは、スマホ等のオンラインゲーム並の脆弱さと言わざるを得ません。

ユーザーはゲームをしているわけではなく、お金の取引をしているわけですから、そこのあたりをもっと真摯に受け止め、サーバーの強化に取り組んで欲しいものですね。

COMSAの初値はどうなるか

COMSAは100%追加発行という言葉、文章からかなり叩かれましたよね。

これはCMSトークンの発行数が決まっていなかったことが原因です。

では、300億円分のCMSトークンを発行し、その50%である150億円分を上限とし、CMSトークンをICOトークンセールで売り出します。

これだったらどうでしょうか?

実際にQASHはこれですよ。

10億QASHあるうちに3.5億QASHがICOトークンセールで売られたわけです。

つまり全体量の35%しかICOで売られていないことになります。

もし、これがCOMSA方式であれば、124億円のQASHが売れたらICOは終了とし、追加で230億円分のQASHトークンが追加発行されます。

こういう書き方でもおかしくなかったはずです。

そしてこれほどまでに希薄化が顕著であるはずのQASHトークンは上場から猛烈に値上がりをしました。これはCOMSAにとっても心強いですね。

通常、株式投資であれば時価総額が大きい銘柄はIPOで初値割れを起こすケースも多いです。

QASHは350億円以上の時価総額もなんのそのでICOから大きく値上がりしました。

これは仮想通貨業界がバブルであり、まだ大きな損失を知らない業界であることも追い風になっていることと思います。

つまり、イケイケドンドンの相場が仮想通貨やICO全体に波及していると見ることが出来ます。

また、税金面で見ても、「どうせ損しても半分戻ってくるからいいや」という感覚での突っ込み買いも見られると思います。

実際私自身もそういう思いを持って買うケースが増えてきました。

そういう意味ではCMSトークンの上場時期はまさに絶妙と言えます。

これが年をまたいで1月上場ともなれば税金面も新年度入りするため、そういうわけにはいかなくなりますからね。皆がリスクを取れるタイミングの上場はGOODですね。

まとめ

COMSAの期ズレアナウンスなしに対する不信感と、Zaifのサーバー懸念はあるものの、大方予定通り事が進んでいると見て良さそうです。

あとはこの一週間で素敵な好材料が出ることを祈りつつ見守りたいと思います。

Zaif取引所のみならず、必要な仮想通貨取引所は早い段階で開設を済ませておきましょう。

ビットコイン(仮想通貨)投資の始め方|開設すべき取引所とその理由

ビットコインを始めとする仮想通貨が話題になっています。2017年で一番安かった頃と比べて、ビットコインは8倍を超え、9倍にも迫ろうかという値段をつけました。 10月29日現在でも高値圏で推移しており、 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-COMSAについて

Copyright© 仮想通貨がわからない人のためのブログ , 2018 AllRights Reserved.