仮想通貨をやさしい簡単な言葉でわかりやすく解説します。

仮想通貨がわからない人のためのブログ

COMSAについて

COMSA(コムサ)の続報で違和感|忘れてはいけない2つの約束

投稿日:

11月24日にCOMSAの続報が出ました。先日危惧した「24日に続報が出なければ最速でも27日まで続報が出ないだろう」という部分だけは回避されましたが、依然・・・不満です。

COMSA(コムサ)の続報なし|テックビューロ社の企業体質に疑問

QASHの上場イベントが無事に通過し、COMSA(コムサ)に対する熱視線が日に日に増していってるものと思います。しかしながら、COMSAの続報が全く出てきません。 これに関してはテックビューロ社の企業 ...

続きを見る

違和感があるとともに、今後絶対に忘れてはいけない2つの約束があります。

スポンサーリンク



COMSA続報に沸くタイムライン

私はデイトレードの取引を終え、病院の待合室にいましたが、COMSAの続報が出ました。

【CMSトークン今後の予定】
●CMSトークン受取用アドレス登録開始 11/27 予定
●CMSトークン配布開始 11/30 予定
※仮想通貨取引所 ZaifでのCMSトークンの取扱い(取引)開始については27日に告知を予定しております。Zaif公式からのアナウンスが先行してされますので合わせてご確認お願いします。

引用元:COMSAダッシュボード

あれれー?おかしいぞー?っと・・・どこぞの少年探偵。

仮想通貨取引所 Zaif で受取(時期・受取方法は後日発表致します)
各種ウォレットで受取(アドレス登録可能時期は、11月中旬を予定)
トークンの配布は11月中旬〜11月末頃を予定しています。
※取引可能時期については11月末頃を予定しています

引用元:少し前のCOMSAダッシュボード

配布に関しては、「末」という言葉が元々入っているから、ギリギリセーフ。

でも、アドレス登録可能時期は中旬だったはずがしれっと27日と発表。

さらにもう1つ大事な部分がありますね。

取扱い(取引)開始が11月末予定になっていたところ、27日に告知と変更されました。

いやいやいや・・・現時点でわかっていることがあるなら、今ここで書くべきでしょう。

少なくとも予定通り11月末に上場するのか、延期の予定か、それくらいは言及すべきです。

私が株式市場で日々トレードしているせいでしょうか、こういう細かい部分の企業体質がどうしても気になってしまうのです。

せめてお詫びの言葉とともに掲載されていればどんなに違うか。わかって欲しいですね。

テックビューロ社のお約束1

さぁ、忘れてはいけない2つのお約束、1つ目です。

11月にCOMSA上でのICO案件を発表出来ます

「あ、11月上旬にちゃんと発表していましたよ」

と言わないで下さいね。あれは・・・

10月に発表すると言っていた分です!

それが11月にズレ込んでいたわけですが、遅延に関する言及はありませんでした。

そして今回、11月も下旬になった今、まだ11月発表分に関しては何もありません。

ついついCOMSAのトークン配布や、上場時期に目が行ってしまいがちですが、当初のお約束であるICO案件発表、これを忘れては絶対にいけません。

そもそもここは最も注目すべき点であるはずです。

投機目的の超短期トレードでしたら、確かに上場時期に目がいくのもわかります。

しかしCOMSAプロジェクトの成功の鍵という意味では、ICO案件の方がはるかに大事です。

お約束その2

COMSA上のICOを「早ければ年内に実施

これはですね、はっきり言って少なくとも1つくらい実施されないと許せませんよ。

「早ければ」ですから、まぁif構文ですよね。

ですが、こんなビッグプロジェクトを進めている会社が、ifの発表をいくつも繰り返していたら信用問題になると思います。

そんなものが許されるのであれば・・・

「もしうまくいけば大儲け出来るんで投資して下さい」

「もし株価が上がれば儲かりますのでうちの株を買って下さい」

「もし上場出来たら儲かるんで今のうちに投資して下さい」

少々極端かも知れませんが、そこまで大差ないレベルだと思いますよ。

「もし」の話で投資家に安心感や、期待感を与えるわけですからね。

少なくとも1つ2つは約束が実行されて然るべきです。

COMSA続報での違和感

今日の午前まではCOMSAの続報が出ないことでヤキモキしている人も多かったと思います。

しかしタイムライン上では続報が出るとともに沸いていました。

「やった!」

「すごい!」

「ついに!」

こんな言葉で溢れていたわけですが・・・前述の通り、多くの部分が約束を反故にし、予定の後ろ倒し、そしてそのことに対する謝罪等が一切なしです。

なぜこのような発表がこんなにもポジティブに捉えられるのでしょうか。

私はどうしても違和感を感じてしまうわけです。

仮想通貨のSNSツイッター買い煽りと株式投資の買い煽りの違い

仮想通貨でツイッターなどのタイムラインを見ていると、よくポジショントークに遭遇しますよね。そして大体その後上昇する理由をつけて買い煽りに近いものをつぶやきます。 実はこれは株式投資でもあるのですが、か ...

続きを見る

こういう部分もあるのかなぁ?と思います。

良いこと、悪いこと、どちらが報じられてもタイムライン上では良い方に捉えて沸くケースはこれに限らず多いように思うので、きちんと自分で情報を精査する力をつける必要がありますね。

まとめ

一応書いておきますが、繰り返し言っているように、私はアンチCOMSAではなく、COMSAにとても期待しています。実際COMSAが成功すればものすごいことが出来ると思っています。

しかし、それを扱う運営陣の対応には不満です。

どんなに素晴らしいものでも、扱う人によってはどうにでもなってしまうものです。

まず大事なのは信頼のはずです。世界で信頼が失われつつあるICOに信頼を再度植え付ける役目になるのがCOMSAでなければなりません。

是非、そのことをもう一度運営陣には考えて欲しいと思っています。

「おまえは何様だ」というような締め方になってしまいましたが、ユーザー側の意見としては当然の部分でもあると思っています。

スポンサーリンク

-COMSAについて

Copyright© 仮想通貨がわからない人のためのブログ , 2018 AllRights Reserved.