仮想通貨をやさしい簡単な言葉でわかりやすく解説します。

仮想通貨がわからない人のためのブログ

COMSAについて

COMSA(コムサ)がやろうとしていることとは|日本のICOを支援

投稿日:

COMSA(コムサ)についてはネット上でも賛否両論ある上に、リフェラルプログラムがあるため、ポジティブ記事が目立つようになっています。

しかし、これは読み手にも問題があることです。

COMSAを賞賛している記事を見れば、「こいつは紹介ボーナス狙いで買い煽っているだけだ」と捉え、COMSAを叩いているブログを見れば、「上場後に安く買いたいだけだ」

というように考えてしまう人が多いです。

リフェラルプログラムがあるというだけで、何が本当かもわからなくなり、疑心暗鬼になっている人も多いかと思います。

今回はCOMSAそのものに賛成でも反対でもない立場から、単純にCOMSAが何をしようとしているのかについて解説したいと思います。

スポンサーリンク



ICOをしたい企業を支援

COMSAのキャッチコピーは、実ビジネスのブロックチェーン技術導入を支援です。

ICOというのは、言わずもがな、企業の提案するプロジェクトを実行するための資金を仮想通貨によって調達する手段のことです。

株式のIPOと比べて審査はなく、やや簡単に資金調達が出来てしまうイメージもありますが、ホワイトペーパーを発行することに加え、トークンというものを発行する必要があります。

その企業のプロジェクトがトークンを発行し、投資側はトークン購入者としてトークンを仮想通貨によって買います。

そして企業側はその仮想通貨を仮想通貨取引所で売ることで日本円を手にする仕組みです。

「〇〇というプロジェクトを行いますので、お金を支援して下さい!」

ストレートに言ってしまえばこれがICOです。個人で同じようなことをしているのが一時期話題になったValuというサイトですね。

このICOをしたいと思った時、ブロックチェーン技術を持たず、トークンの発行が出来なければICOは出来ないわけです。

そこで、COMSAが仲介のように入り、その企業がICOを出来るよう支援するのです。

これがCOMSAの存在意義となります。

日本のICO制度の行く先が鍵

COMSAは単純に支援するだけでなく、その企業のプロジェクトが本当にICOをするに値するか、詐欺のような案件ではないかきちんと審査すると言っています。

つまり、ホワイトペーパーを発行し、トークンさえ発行出来ればやりたい放題に近かったICO界の審判的存在になるとも言っています。

これにより、自然と投資家保護にもつながると思われます。

また、この審査においても閉鎖的に行うのではなく、COMSAトークン所持者などの投票により、最終決定をあおぐ形も取ると言っています。

言わば全員参加型で該当企業のICOを支援するかどうか決めるということになりますね。

中国や韓国ではICOそのものを進行形のものまで含め全面禁止とし、韓国では、海外のICOへの参加も禁止としました。

そしてこの度日本でも、注意喚起がなされました。

このように、ICOというものは危険、怪しい、詐欺の温床というイメージが各国で定着してしまいつつあることも事実です。

それにより、ICO業界が縮小していくようであれば、COMSAも存在意義を徐々に失っていってしまうでしょう。

しかし、「禁止」ではなく「規制」であるならば、それはCOMSAにとってはプラスに働く可能性が高いです。

規制をするということは、「もう少し安全にうまくやって欲しい」という政府の意図がよくわかりますので、何かしらで審査をする機関が欲しいということにつながります。

ですから、この審査を行うと名乗り出ているCOMSAは、まさにうってつけとなるわけですね。

ただ、ICOが中国や韓国と同様に全面禁止になってしまえば存在意義がほとんどなくなってしまうという点には注意ですね。

COMSAでICOをする意味

上場企業もCOMSAでICOをする予定と書かれていますが、本当でしょうか。

上場企業が資金を調達したければ公募増資などをすればいいだけなのですが。

それだと株式の希薄化につながり、株主軽視となるからICOをしようという流れだとすれば、ICOでのトークン購入者に失礼な気もします。

実際には、IPOで株式市場に上場するだけの力はまだないけれど、有望なプロジェクトがあり、一刻を争う!

早く形にしないと、いつ他の企業が同じプロジェクトを始めるかわからないから頑張りたい。

そういうプロジェクトこそICOをするべきですよね。

ただそこでその企業がブロックチェーン技術を持っていなければ、それを支援する。

それだけを見れば本当に素晴らしいホワイトナイト的存在になるのがCOMSAです。

あとは時代がCOMSAを後押しするか、時代に嫌われるか、というだけの話だと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。COMSAについて、買い目線でも売り目線でもなく、ありのままの現状を書いたつもりです。

これらを踏まえて、投資先として投資する価値があるかないかの判断をしましょう。

また、この先も様々なICOが出てきますし、その際、特定の仮想通貨取引所を開設しておかないと取引が出来ないというプロジェクトもあります。

QASHなどがそうですね。今のうちに仮想通貨取引所の環境は整えておきましょう。

QASH(キャッシュ)とは|仮想通貨ICOの買い方とQUOINEX登録方法

日本で最大のICOとなったのがCOMSA(コムサ)ですが、今度はさらに大規模(になる可能性がある)ICO情報がネット上に持ち上がっています。 これは日本国内だけでなく、多くの国が参加するので、COMS ...

続きを見る

ビットコイン(仮想通貨)投資の始め方|開設すべき取引所とその理由

ビットコインを始めとする仮想通貨が話題になっています。2017年で一番安かった頃と比べて、ビットコインは8倍を超え、9倍にも迫ろうかという値段をつけました。 10月29日現在でも高値圏で推移しており、 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-COMSAについて

Copyright© 仮想通貨がわからない人のためのブログ , 2018 AllRights Reserved.