仮想通貨をやさしい簡単な言葉でわかりやすく解説します。

仮想通貨がわからない人のためのブログ

COMSAについて

COMSA(コムサ)の続報なし|テックビューロ社の企業体質に疑問

投稿日:

QASHの上場イベントが無事に通過し、COMSA(コムサ)に対する熱視線が日に日に増していってるものと思います。しかしながら、COMSAの続報が全く出てきません。

これに関してはテックビューロ社の企業体質に疑問を感じてしまいます。

スポンサーリンク



遅れるのは当たり前?

以前からどうしてもテックビューロ社には「遅れるのは当たり前」という企業理念でもあるのではないかというくらい情報が遅い体質があります。

まず、COMSAについては8月3日に発表があり、その後順調に事前登録者数を増やしていきました。しかし、購入方法などのアナウンスは全くありませんでした。

私は、トークンセールがもう少しで始まるというのに本人確認書類の提出や、2段階認証などの案内も何もないことを不安視していました。

結局本人確認書類はなくても買えたわけですが、もう少しで本番!という時に何もアナウンスがありませんでした。

QASH(キャッシュ)上場|買えない売れない!上場直後の値動きとは

ついにQASHが世界同時上場となりました。しかし私は不満・・・とても不満です。早々と株のデイトレードを切り上げ、パソコンの前で待機していたのですが、何も情報なし。 そのまま15時になり、なんだかよくわ ...

続きを見る

先日、上記記事でQASHについてもユーザー置いてけぼりという点について書きました。

COMSAと言いますか、テックビューロ社はそれの上をいく置いてけぼり感が出ています。

COMSA以降だけで見てもかなりあります。

  • 購入方法の事前アナウンスなし
  • キャンプファイヤー事件の事前報告なし
  • Zaifサーバーダウンのリアルタイム報告なし
  • COMSAメンテナンス中のアナウンスなし
  • そして現在も有限不実行

いやはや、多いですよね。しかも最後の部分の特集はこの後に書きます。

何にしても事後報告なんですよここは。っというより仮想通貨界の多くがこのようなイメージになりつつあります。

仮想通貨には魅力があるのもわかりますし、大人気ということは理解していますが、仮想通貨界の人たちから株の世界にいる人たちってどう見えているのでしょうか。

古い人間、時代に乗れない人間に映るでしょうか。

私は仮想通貨も勉強し、この世界にも入りましたが、やはり安定した収益は今も株で得ている状態です。

どうしてもこういう事後報告のような企業体質だらけの取引所に全幅の信頼を寄せられないからという点も原因の1つです。

値動きの魅力などは株を大きく超えるかも知れないけど、長年の信頼や実績という点では、やはり現状では株に遠く及ばないと思います。

まぁ・・・「儲かれば何でもいい」という意見も多いでしょうし、私もそこは同意見なのですが、こうもユーザー置いてけぼりはさすがに不信感でしかありません。

COMSA上場の予定

おさらいしましょう。全てCOMSA公式ページからの引用になります。

・仮想通貨取引所 Zaif で受取(時期・受取方法は後日発表致します)

まずはこれです。まぁこれはいいですよね。後日発表致しますであって、いつとは言っていません。

・トークンの配布は11月中旬〜11月末頃を予定しています

これもセーフと言えばセーフ。期限を末頃までと言っていますからね。

あ、あくまでも10歩譲ってセーフなイメージで書いています。

・各種ウォレットで受取(アドレス登録可能時期は、11月中旬を予定)

これ、アウトですよね。これは完全に中旬指定です。今日は11月23日。百歩譲っても中旬ではありません。

こういう記事は20~22日くらいは書かずに待ちました。ギリギリ中旬と言えるかも・・・と無理矢理良い方に解釈していたからです。しかし我慢が出来なくなりました。

さらにもう1つ。

※取引可能時期については11月末頃を予定しています

これは完全にアウトですよ。何がアウトって上で書いたのと同じです。

11月末、それが例え最終日の30日に上場だったとしても、それに向けたアナウンスがこの時点で何もないのはおかしいと思うわけです。

明日は金曜日、そして土日を挟みます。もしも24日金曜日に何もアナウンスがなければ、最短でも27日月曜日のアナウンスとなるわけですが・・・それはいくらなんでも・・・ね。

これでいいの?これでいいのかテックビューロ社!と思うわけです。

QASHにしてもアナウンスがとてもとても不親切でした。

日本で大きな話題になった超大型ICO2つがこれでいいの!?というのが正直な感想です。

テレグラムチャットは閉鎖空間

テレグラムチャットでのみ、「もうしばらくお待ち下さい」等のアナウンスがありました。

まぁ、お待ち下さいのアナウンスだから進捗とは関係ありませんけどね。

実際キャンプファイヤー事件の時もテレグラムチャットのみで情報が出ていましたよね。

テレグラムチャットに多く参加してもらう作戦としてはありなのですが・・・皆が皆テレグラムチャットに参加してると思わないで欲しいわけです。参加前提のアナウンスはまずいです。

最低でも全員が目視出来るツイッター等、本来であれば企業IRとして発表すべきなのです。

ここを軽視している会社が多いです。

これではなかなか信頼というものを買えないと思います。

他にも仮想通貨取引所はたくさんありますので、今後は信頼をウリにした会社が強くなるかも知れませんね。

ビットコイン(仮想通貨)投資の始め方|開設すべき取引所とその理由

ビットコインを始めとする仮想通貨が話題になっています。2017年で一番安かった頃と比べて、ビットコインは8倍を超え、9倍にも迫ろうかという値段をつけました。 10月29日現在でも高値圏で推移しており、 ...

続きを見る

まとめ

先日のQASHに続き、不満の記事となってしまいましたが、株式市場ではこういう点がきちんと整備されているので、私はそれに慣れているせいかも知れません。

ただ、適当でいいじゃんというスタイルがこのまま続くのは我慢出来ません。

最後に当たり前のことを言って終わりにします。

遅れてから発表するんじゃない!遅れそうになった(遅れるとわかった)時点で発表するんだ!

お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

-COMSAについて

Copyright© 仮想通貨がわからない人のためのブログ , 2018 AllRights Reserved.